<   2005年 08月 ( 22 )   > この月の画像一覧

島根・鳥取紀行~月山富田城~

惜しまれつつも大山を後にして、次に向かったのが富田城(とだじょう)跡。と言っても私にはまったく聞きなれない言葉。実は我が家には約1名城好きの輩がいて、どうしてもここへ行きたいと言うことだったのだ。
島根県東部広瀬町に位置する富田城跡。戦国時代尼子氏の頃が全盛で、3代の間この地方を領有してきた。その後毛利元就に攻め落とされその歴史を閉じる。難攻不落の山城で有名なこの富田城、山頂の本丸への道はかなり険しいようだ。ん・・ようだ?はい、私は結局山頂までは辿り着けず途中断念したのです。(現在は石垣の一部が残っているだけで、城自体は再建されていないようです)
b0009847_322095.jpg
b0009847_31379.jpg

↓富田城より望む                            ↓飯梨川
b0009847_231585.jpg
b0009847_2325739.jpg
[PR]
by snow_526 | 2005-08-31 23:58 | 風景

島根・鳥取紀行~大山寺~

大山の懐に入ってからはカーブの連続。山道を走り次の目的地大山寺へ。ここの近くからは頂上への登山道がある。駐車場では若者の団体が登山の準備をしていた。これから何時間かかけてひたすら山道を登り続けるんだろう。登山の醍醐味を経験していない私には想像もつかない。途中まで行ってみたいと言う息子と別れて、私たちは大山寺の方に歩いていく。山門までは長い坂道。ふぅ、私にはこれさえも苦痛に感じた。坂道と名の付くものは苦手だ。結局根性がないだけなんだけど。そして山門からはさらに石段。登りきってやっと本堂までたどり着く。杉林に囲まれどっしりとした本堂はかなり歴史を感じる。所々に使われた朱色が青い空に映えていた。
b0009847_1443743.jpg
b0009847_1444814.jpg
b0009847_144453.jpg

[PR]
by snow_526 | 2005-08-30 23:55 | 風景

島根・鳥取紀行~大山~

蒜山高原から遠くに望んだ大山をめざして出発。中国地方最高峰1709mの大山は、見る方向によってその姿を変えるらしい。なだらかな西壁、険しい勇姿が見れる南壁。この↓やさしい表情は多分西側からの眺望なんだろう。こうして眺めていると、四季折々の大山を見てみたくなる。桜、紅葉、そして雪を被った大山。それぞれに違う表情を見せてくれるんだろうな。もしまた来る機会があれば、違う季節にそしてその時の大山の勇姿をゆっくりと眺めてみたいものだ。
b0009847_2565129.jpg
b0009847_2575040.jpg

[PR]
by snow_526 | 2005-08-29 23:57 | 風景

島根・鳥取紀行~蒜山高原~

一路島根を目指して米子自動車道をひた走ってきたのですが、まず鳥取の大山付近を散策しようと蒜山のICで高速を降りました。まったくの予備知識もなく行き当たりばったりの旅ですから、どこがどうなっているのかさっぱりわからない。とりあえず蒜山高原の文字に誘われて走ってみる。ジャージーランドという所で休憩。建物の裏手に広がる草原は広々としていて気持ちがいい。なだらかな平原が広がりその向こうには蒜山の山々が。残念ながらジャージー牛は見れなかったけど、おいしいソフトクリームはいただきました。
b0009847_2225193.jpg
b0009847_2235162.jpg

[PR]
by snow_526 | 2005-08-28 23:58 | 風景

島根・鳥取紀行

帰ってきました。朝4時に出発して約5時間、ひたすら高速走りっぱなし。出発の時は真っ暗で何も見えなかった景色も、2時間も走ると空が白んできて、すがすがしい朝を迎える。
b0009847_23214695.jpg

この日の天気は、台風は逸れたものの厚い雲に覆われてイマイチすっきりしない。この時は厚い雲が途切れ、朝日が射した瞬間でした。西へ向かって走っているので、後部座席からの1枚です。中国自動車道は山の中を走っていきます。山の天気は変わりやすいと言いますが、今雲間から光が射していたと思ったら、もう山には霧がかかってる。雨が降ったり止んだり、その度によろこんだりがっかりしたり、結局その日の天気は予想不可能、運任せ。
b0009847_23332865.jpg

[PR]
by snow_526 | 2005-08-27 23:33 | 風景

反射

b0009847_046769.jpg

先日、大阪の高速を走った時のです。日も暮れてきて夕日が照り始めた頃、大きなビルにあかい光が反射して輝いているのが見えました。なかなか目で見たようには撮れなかったけど、とてもきれいな光景でした。

明日、明後日山陰の方へちょっとお出かけします。台風が直撃のコースだったのですが、幸運にも東に逸れ(関東の方ごめんなさい)なんとか出発できそうです。(≧∇≦)
[PR]
by snow_526 | 2005-08-24 23:58 | 風景

渓流釣り

b0009847_026543.jpg

田舎の川で釣りをしている人に出会った。上流のこの辺の川はきっと水も澄んできれいだろうから魚もたくさん住んでいるのかもしれない。今なら何が釣れるのかなぁ。やっぱり鮎?川魚ってこれしか思いつかない( ̄- ̄=)あぁ…
[PR]
by snow_526 | 2005-08-23 23:57 | 風景

お城のある町

b0009847_134177.jpg

夕闇迫る頃、仕事を終えた人たちが家路に急ぎます。いつも通う道、慣れた道だけど、なぜかこの場所を通るとホッとする。そんな人も少なくないかもしれませんね。
[PR]
by snow_526 | 2005-08-22 23:52 | 風景

ハナゾノツクバネウツギ(アベリア)

b0009847_0371841.jpg

あちこちでよく見かける花ですね。田舎の家にも咲いていました。白い花と赤いがくがかわいい。花が咲いている時期が長いし丈夫なので、よく植えられているようです。うつぎと名がついていますが空木とはまた違い、こちらはすいかずら科、空木はゆきのした科に属するようです。
[PR]
by snow_526 | 2005-08-21 23:58 |

成長記録

b0009847_143449.jpg
b0009847_144236.jpg

順次出していこうと思っていた画像。少し遅れてのアップ。お盆に田舎にお墓参りに行ったときのです。家から少し歩いた所にある山間の田んぼ。ここの形も好きでよく撮りに行きます。稲もしばらく見ないうちにドンドンと成長していて、もう稲穂がたくさんついている。まだまだちっちゃな子供たちだけど、今度行く頃には立派に成長して垂れた稲穂が見れそうだ。田植えの季節がついこの間のように感じるんだけどなぁ。時間の経つのは早いものだ。
[PR]
by snow_526 | 2005-08-20 23:50 | 風景