遠回り

b0009847_1493096.jpg
b0009847_149385.jpg
b0009847_1494470.jpg

今回も高野からの帰り道、いつもと違うルートで走ってみた。今までで一番遠いルートである。いつもなら1時間15分くらいで帰るところ、約3時間かかって到着した。正直、疲れた・・
途中見かけた鳥居です。今にも崩れそうな古い木でできている。そして最近作りかえられたらしい真っ赤な釣り橋が。良く見ると、その向こうには鳥居が山の中までいくつも続いている。さすがに奥に入る勇気はなかったが、もしかしたらすばらしい景色が見れたかもしれないと思うと、ちょっともったいない気もした。
[PR]
# by snow_526 | 2005-10-16 23:50 | 風景

雨に煙る

b0009847_2135664.jpg
b0009847_214237.jpg

雨に煙る高野山。大門前から・・・遠くの山は霧に覆われ出たり消えたり。一体どこまでが霧でどこまでが雲なのか。その境目さえも見えてこない。
[PR]
# by snow_526 | 2005-10-15 23:14 | 風景

これな~に?

b0009847_2282031.jpg

妖しく浮かぶ謎の物体。これなんでしょう?

じつは・・
[PR]
# by snow_526 | 2005-10-14 23:28 | 遊び

玉川峡~途中で出会った小さな滝~

b0009847_241778.jpg
b0009847_2411590.jpg

道の途中には、山から流れ落ちる水がつくった小さな滝がいくつか見えた。水の流れる音がすれば立ち止まり・・こんなことしてるから時間がかかるんだよ~・・それでも、木が鬱そうとして見えないのもある。
初めて通る道って何だか楽しいなぁ。
[PR]
# by snow_526 | 2005-10-12 23:55 | 風景

玉川峡~下流~

b0009847_1404385.jpg
b0009847_1393263.jpg

何度もすみません。もうこれで玉川峡も終わりです。随分と川幅も広くなって流れも緩やかになってきましたね。あちこちにある岩で囲まれたプールに映りこむ景色がきれいでした。ここまでで高野から約1時間半。きれいな景色を眺めながらのドライブは気持ちがよかった。また紅葉の頃に来れたらいいな。

おまけ (こんな木もありました。まだ早いよ~)
b0009847_1444838.jpg

[PR]
# by snow_526 | 2005-10-11 23:57 | 風景

玉川峡紀行~中流~

b0009847_20376.jpg
b0009847_22267.jpg

この辺りまでくると、玉川峡も架橋に入るのかもしれない。大きな岩がごろごろと、川の中にまで転がっている。まわりの崖から落ちてきたものか、それとも長い年月の間に削られたものかわからないが、それらの岩や石で川幅がかなり狭くなっているところもあるので、流れは結構速い。この辺りが一番景色のいい所なんだろうな。
[PR]
# by snow_526 | 2005-10-10 23:56 | 風景

玉川峡紀行~上流~

b0009847_1584048.jpg
b0009847_1584822.jpg

いよいよ玉川峡にかかってくる。高野山から小一時間も走っただろうか。川幅はまだ狭い。割と上流の方になるんだろうな。玉川峡というのは、奇岩と滝の景勝地で県の名勝に指定されているそうである。この辺りから岩が目立ってきている。奇岩と呼べるのかどうかわからないけど、川には大小さまざまな石がごろごろ。どのようにしてできたのか不思議。
[PR]
# by snow_526 | 2005-10-09 23:57 | 風景

弾ける

b0009847_2208100.jpg
b0009847_2201625.jpg

途中、かわった木を見かけた。赤い袋が開いて黒い実が見える。赤と黒の色合いがいいなぁ。緑の多い環境にこの実は目立ってました。
[PR]
# by snow_526 | 2005-10-08 23:57 |

休する

b0009847_243787.jpg

ひらひらと舞い降りてきて1枚の葉の上にとまった。白い筋が3本。かなり目立っているけど大丈夫?これも擬態なのだろうか。何かに見えるように模様がついているのだろう。これは多分蛾の一種?(蝶は羽を閉じてとまり蛾は羽を広げてとまるらしい)名前をと思ったが、昆虫嫌いの私は辞典が引けなかった(泣)
[PR]
# by snow_526 | 2005-10-07 23:28 | 動物

小川

b0009847_152930.jpg
b0009847_1521737.jpg

高野の帰り道、ちょっと遠回りをしていつもと違うルートを走ってみた。目的地は玉川峡。名前は知っていたんだけどまだ見たことがなかった。意を決して(?)走っていく。でも・・道がせま~い。対向できないくらいの山道を約1時間、結構長く感じたなぁ。途中小川の流れる所で休憩。目を閉じると、小川のせせらぎや鳥の声が聞こえてくる。こんな贅沢な時間は日常では味わえない・・・おっと、のんびりしている時間はないのだ。
[PR]
# by snow_526 | 2005-10-06 23:51 | 風景